スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の夜  一日目 後編

ゲストハウス自体は何とか見つけたものの
入り口をあけると
玄関に入りきらないほどの靴の山



・・・



まぁ雑魚寝するぐらいだから
こういうアットホームな感じなんでしょう



入ると普通のお兄ちゃんが迎えてくれた
すごくフレンドリーで好感の持てる方



受付をしていると
PCの画面にイラン系や中国系の方々の名前も



まぁ一泊800円だったらここで暮らすってのもありだろうな
風呂付きで 30日 × 800円  だから二万四千円のアパート。
まぁ悪くないね。
掃除とかは勝手にやってくれるわけだしTVもPCも使い放題。
長期滞在者も結構居るようですね


おとんぶわー目があまりよくないので本を読むのは普通の人の数倍かかるんですが
PCの画面だと一瞬で情報を読み取る特殊機能付きなんです(笑)
まぁあんまり覗くのも悪いので見なかったことにしました。


部屋に向かう途中
胸の下半分見えているおねえちゃんに遭遇
僕みたいなおやぢは
もうなんていうの
見るだけで「おやじ!きもい!こっち見るな!」て怒られそうで・・・
目をあわせちゃなんねぇ
おとんぶわー気が小さいのでずっと下見てましたよ




休憩室では
明らかに軟派目的のサーファーさんと一緒に
ヤクザチックなスキンヘッドのお兄さんが酒を飲んでいました
二人のお姉ちゃんと一緒に(こっちは間違いなく「軟派されに来た」感じ)




不思議なゾーンを抜け
いよいよベッドルームへ
少し遅かったので消灯されていました
薄明かりに照らされたものは
ある意味
人生で初めての光景でした





・・・





ベッド?





むしろこれは・・・





物置にある備え付けの棚ってあるじゃないですか
あれが二段あって真ん中をすだれで仕切ってある感じ
上の階にははしごで上っていくらしい




う?ん
ちょっとトムソーヤ感覚?
楽しい感じかも?
自分を慰めつつ
楽観視していたら・・・




店員
「はしごで一番上に登っていただいて
 あのちょうど屋根の部分に・・・」




は?




あの屋根の部分に?




・・・




どうやって寝るんだそれ?





店員
「あのあたりに柱があるのでそれをよけて
 布団が敷いてあるのでそこで寝てください」




・・・



自慢じゃないけどおとんぶわーものすごく寝相が悪いです
落ちます
絶対
落ちます



青くなるおとんぶわー
しかし、夜半のため明かりはつけず真っ暗なベッドルーム
固まっていると店員さんが



店員
「今日は特別にドミトリーも一つだけ空いてます」




ドミトリー?何それ???




店員
「あ、こちらのベッド部分のところです
 ただ、こちらですと1500円になります」




もう、700円ぐらい追加します
頼むからベッドにしてください


やれやれ・・・


寝床が確保されたので
お風呂に行くことに
行って見ると
シャワーや洗濯機もあり
なかなか快適
ただし夜は洗濯不可



まぁシャワーだけだし
ご機嫌で入浴をすませ
いよいよベッドルームへ



普通ベッドに入る時
僕たちはベッド横から入るんですよね
いや
別に考えなくても
あなたが入ってるその方向で正解です(笑)
この琉球王国では足元から入るらしく
壁側が頭になっていました
一応カーテンも付いていて
若干プライバシーに配慮されていました
すだれで隣とは仕切られているんですが風通しもよく快適




ところが・・・




さっきの飲み会組みがうるさくて眠れない・・・
暗闇の中からは高校総体の明日の作戦やら恋話でもりあがる高校生まで
あんまりうるさいので起きてコンビニへ
しまいに他のお客さんにどやされてしずかになってましたけどね
とりあえず寝ました




ところが・・・




どこかから寝言が
しかも日本語じゃない
更にバックコーラス(歯軋り)が加わり・・・
あんまりうるさいので起きてコンビニへ
ちょっと時間をつぶして再びベッドへ



ところが・・・




隣から異音が
ぶっ!!
さっきまで喜んでいたすだれにこんな罠が仕掛けられていたとは
毒ガスがあたりに充満し
口と鼻をタオルで押さえ避難しました
あんまりくさいので起きてコンビニへ
ちょっと時間をつぶして再びベッドへ




ところが・・・




どこからともなく濃厚なキスの音が
ここは男性部屋のはず
女性は専用の部屋で寝ているはずなのに・・・
まさか
いや考えるのはよそう・・・
あんまりうるさいので起きてコンビニへ
ちょっと時間をつぶして再びベッドへ




・・・




ふと時計を見ると
6時?




もう良いよ
ついに起きるおとんぶわー
結局、連続二時間も寝られなかったような



荷物をまとめ
とぼとぼとフロントに行くと
あの気の良い店員さんが居ない



チェックアウトは???



辺りを見回すと
床に転がるビールの缶
彼女と抱き合って寝ている店員さんを発見
もう
何も言うまい
そっとしておこう
外に出ると朝日が目に痛かった
沖縄教育出版に向かう途中
ローソンで沖縄限定おにぎりを買いました
最近出た卵ご飯風おにぎりも買って
さわやか過ぎる朝を呪いながらも
心躍る会社訪問へと出発していきました


確かに安い
これはありがたい
だがここに泊まれる人は
ある意味限られているかもしれん
間違えても家族連れでは泊まれんな
まぁ個人的には嫌いじゃないけどね
やっぱりあれは若者向けですな
おやぢには、もうついていけなくなった世界かも




それにしても・・・





あの多国籍な集団
簡易的な手作りベッド
暗闇の中での梯子登りミッション
毒ガス避難訓練・・・





ここは米軍キャンプですか?




いや多分、米軍キャンプってもっと普通で豪華なんでしょうけどね(笑)
あのミッションはなかなか厳しいものがありましたよ
軍隊並みにね・・・


(エピソード1)「その頃、嫁ちゃんたちは・・・」
リゾートのホテルで豪華な沖縄料理バイキングに舌鼓
食べ過ぎて苦しんだようです
広いお部屋にふかふかのベッド
昼間の疲れからみんな早々と眠りに付いたとか
目覚めるとテラスから海を眺め
朝のモーニングへ
そして
憧れの沖縄

かりゆしビーチへ



・・・



おいおい何だこの違いは


(エピソード2)「憧れのベッド」
二日目ホテルに帰るとふかふかのべっどがあった
あぁこれにあこがれていたんだよ・・・



・・・





なんだこれ?



確かにふかふかのベッドがある




一つは嫁ちゃんと雄樹



一つはあーちんとみーちゃん





そしてこれは・・・




昔、小学校においてあったような簡易式ベッド?
乗るとぎしぎし
下にキャスター付いててからから動く・・・
これ?
これなのか?
いや、ドミトリーよりも豪華だが・・・
とりあえず座ってみた




「あ?!!!そこあーちんのベッド!!!!」



もう、お父さんの寝る場所はないってことですか?




まぁお父さん今ならソファーでも床でも寝れそうですけどね・・・


(エピソード3「嫁ちゃんのスマッシュ」)
おとんぶわーこの沖縄旅行一日目の話をホテルでしたらみんなで爆笑されました
しかも
愚痴を言ったおとんぶわーに嫁ちゃんは




うるさいわ。お前はドミっとれ!




げらげら笑う嫁ちゃん
今度来たらお前があっちに泊まれよ


みなさんはゲストハウスって泊まったことありますか?
条件は非常に良いですよ
ネタにしましたが
あの破格の値段とお風呂付ってのはすごい
ルール制もゆるいので気楽だし
旅先で出会った人と友達になれるし
あれは好きな人ならはまりますね



でも
今回の件で自分がいかに贅沢な暮らしをしてきたかわかりました

子どものころ
家族で旅行に行くときは
ちゃんと自分の寝る場所があって
自分のベッドがあって
隣にはお父さん、お母さん、お姉ちゃんしか居なくて
部屋には鍵があって
お風呂も家族だけしか入らない
当たり前だと思っていましたが
すごい贅沢だったんですね
ええ、本当に・・・
スポンサーサイト

沖縄の夜  一日目  前編

ちゅら海水族館を出るともうぎりぎりでした



いうのも
実はおとんぶわー
二日目の朝に会社見学が入っていたんです
経営品質で名高い沖縄教育出版社さんに訪問が入っていました
これが本命だったんです
まぁ堅い話は今度にして・・・


とにかく
おとんぶわーだけは半分仕事だったので那覇市にホテルをとっていました



とりあえず
ホテル前のバス停に着くともう時間ぎりぎりでした
家族はそのままホテルへ
おとんぶわーの別行動が始まりました


バス停で待っていると
近所のおじさんが通りかかりました


おじさん、那覇に行くバス停はここ?




違うよ反対




慌てて走るおとんぶわー




まだバスは来ず




待っていると予定より少し遅れてバスはやってきました



バスに乗って
早速、ローソンで買った沖縄弁当を食べました
沖縄っぽい食材をふんだんに使ったお弁当
なかなかの美味
旅先で食べるものはなぜだか普通以上においしく感じますね




みんなが泊まっていた、かりゆしのホテルから那覇は2時間の行程



バスに揺られていると
誰も乗ってきません
一時間ぐらいすると
人の居ないバスはキンキンに冷えてきました


なんで沖縄まで来て寒い思いを・・・


ところが
嘉手納まで来ると急に国際色豊かな乗客でいっぱいになりました
明らかに巨大な体をした軍人さん、中国系、韓国系
なんだか楽しいたびになりました
中国系の人は日本語をしゃべっていたので思わず話しかけに行って来ました
ずいぶん派手な格好のお姉さんたちもいっぱいです
なんだか不思議な光景でした


那覇市に着くと
はたと困りました





ホテルはどこ?



相変わらずちゃんと調べていなかったので
急いで携帯電話のマップをチェック
運転手さんに色々聞いて
無事に到着


降りた先は夜の国際通り
その華やかさに唖然
なんだか海外にでも着たような気分でした
本当に派手な町ですねぇ
田舎ものにはちょっとびっくり



沖縄教育出版も発見しました



ホテルはどこだろう???


7月某日


嫁 「お父さん、ホテル取れたよ」
お 「お!すまんね。ありがとう。いくらぐらいした?」
嫁 「800円」
お 「え・・・」
嫁 「800円」
お 「何でそんなに安いの?」
嫁 「雑魚寝らしいんだけど、調べたら那覇市で空いているホテルここしかないんだよね」

ちょうど運悪く高校総体の期日内でしかも那覇市のお祭りが重なった日だった

嫁 「どうする?キャンセルも出来るよ」
お 「・・・」
嫁 「やめる?」
お 「いや、何事も経験だ!!OKで



ホテルを発見し(正確にはゲストハウスというらしい)
中へ


続く・・・


さかのぼって沖縄1日目(8月1日)  ちゅら海水族館

まずは
ちゅらうみでしょ(笑)
ちゅらうみ入り口
ミーハーなおとんぶわー夫妻は当然やってきました



つくやいなやあーちん、みーちゃんはダッシュで走っていきました。
子守はいつもの甥っ子君
この男
とっさの判断力もあり、子どもたちも彼の言う事をしっかり聞くので
非常に重宝します
お出かけ時には必ず連れて行きたい子ですな
楽だし(笑)



雄樹はタッチングプールで遊んでいました
ゆうきタッチ
触っていたのは・・・
ひとでだよ


でも、こういうのはうちの地元の亀公園にもあるって言うか
おとんがとって来た魚とかでよくやるので
他のところが見たいというかなんというか
沖縄に来てまで同じようなことをしなくても・・・
でも、さすが田舎の子というべきかもしれませんね




ようやく
動き出したら
今度はとまらず
そこらじゅう駆け回っていました
CIMG4218.jpg

CIMG4235.jpg
CIMG4221.jpg



わが三重県には世界に誇る鳥羽水族館がありますが
このちゅら海水族館も負けず劣らずステキでした
なによりあの巨大な水槽をジンベイザメが通り抜けていくときの大迫力。
これだけでも見る価値ありでした


CIMG4243.jpg


夕焼けをバックにおとんぶわー達はホテルへと向かうのでした・・・





むしろ





おとんぶわーの大冒険(?)はここからだったのです・・・(続く)

さかのぼって沖縄1日目(8月1日)

ついに念願の沖縄旅行に行ってきました
それぞれの思いを胸に
おとんは経営品質で全国に名をとどろかせる沖縄教育出版へ
子どもたちは海と水族館
嫁ちゃんは・・・リゾートでバカンス

朝から津市なぎさ町を出港
船で一路セントレアへ
CIMG4181.jpg
ミーちゃんは初めての高速船にものんびり



セントレアにつくと飛行機が見えていました
CIMG4190.jpg


機内では
CIMG4194.jpg
二時間の空の旅に備えて嫁ちゃんがパズルを準備



CIMG4195.jpg
雄樹は耳が痛くなった時用のあめをさっそく


空のたびは初めてでしたが
おとんぶわーは恐怖もなく
これといって気体も感動もない感じでしたが
離陸前の加速になると・・・


おぉぉぉ!
速い!!
すごいぞ!!
楽しい!!!!!


じぃじは僕のこの様子を見てため息


やっぱりこの馬鹿息子はスピード狂だ・・・


昔から彼は
僕にバイクだけは乗るなと言い聞かせてきました


けたけた笑う息子を見て
やっぱりこいつにバイクは駄目だ
決意を新たにしていたことでしょう




飛行機から外を見ると雲の上に
CIMG4198.jpg



子供たちも順調に遊んでいますな?
予想以上に楽なたびになっておりました
お、あれは!
CIMG4196.jpg
奄美大島でしょうか



いよいよ沖縄上陸です



長い旅も終わり
那覇空港に着くとなんだか足がふらふら
やっぱりすごい負荷がかかっているんですね
地面の感触がしばらく異様な感触に思えました



手続きも済ませ
姉夫婦と合流
総勢10名の団体さんになりました



空港から一歩出ると
まさに南国
okinawa (1)
周りの植生がまるで違います
沖縄に着たんだなぁと
ちょっと感激



空港を出て
レンタカーを借りにいきました
当たり前なんですが
ナンバーは沖縄ナンバー
沖縄ナンバーの車を見るたび感動していましたが
そのうち沖縄ナンバーしかないことに気がつきました
三重県では大阪だの奈良だの和歌山だのたくさん走っていますが
ここは沖縄ナンバーが圧倒的に多い
当たり前ですが
ちょっと感動



車を走らせると
原色の世界が広がっていました
okinawa (20)okinawa (12)

okinawa (30)okinawa (28)


本当にカラフルな町ですね
花も木も空の色さえ違います
くもが大きくて
空が真っ青でした



一時間半ほどかけてまずはかりゆしビーチのホテルへ
運転は嫁ちゃん
ナビは僕の仕事でした
試験が終わったばかりで
僕が疲れていたこともあるんですが
嫁ちゃんのナビは・・・
僕たち夫婦はやっぱりこの形が一番良いようです


ホテルはそれほど値段も高くないところだったのですが・・・
CIMG4255.jpg
CIMG4253.jpg
ホテル
う?ん気分は沖縄


一日目は「ちゅら海水族館へ」
初日から飛ばしてますよ?(笑)

蛍がとんだ

今年の蛍は雄樹も初参加
たくさんの蛍を見て喜ぶのか、びっくりするのか?


行ってみたら案外少なかったんですが
それでも大興奮
今年は寒かったからこれでピークなんでしょうね
今日から一週間ぐらいかな
暇を見つけて見に行ってこようかな

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

プロフィール

おとんぶわー

Author:おとんぶわー
何かにつけて不器用なお父さん
おしゃれ大好きお母さん
元気盛りのあーちん
お姉ちゃんのものは何でも欲しいみーちゃん
じいじとばあばの6人家族
大勢居ると楽しいね

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

CalendArchive

フリーエリア

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

アクセスログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。