スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつこいぐらいにロケットパンチ

子どものころ

マジンガーZとか大好きでした。

よくマジンガーZごっことかしました

ロケットぱーんちって言いながら

友達殴って怒られたり
今では良い思いでです



がんばっても人間の腕は外れません
ぴゅーん
て飛んだりしません



でも


でも


でもね・・・(しつこい?

続きを読む »

スポンサーサイト

帰ってきたロケットパンチ

子どものころ

マジンガーZとか大好きでした。

よくマジンガーZごっことかしました

ロケットぱーんちって言いながら

友達殴って怒られたり
今では良い思いでです



がんばっても人間の腕は外れません
ぴゅーん
て飛んだりしません



でも



でもね・・・

続きを読む »

ロケットパンチ

子どものころ

マジンガーZとか大好きでした。

よくマジンガーZごっことかしました

ロケットぱーんちって言いながら

友達殴って怒られたり
今では良い思いでです



がんばっても人間の腕は外れません
ぴゅーん
て飛んだりしません



でも・・・

続きを読む »

ようやく

ピアノで三曲弾けるようになりました。

キラキラ星とカエルのうた、とんぼです。

う?ん、こんなの小学校以来聞くことのなかった曲ですなぁ・・・

しかし、ぼくにはまだまだ難しい
(T-T)

次は「うみ」に挑戦しようかと。

娘は「北風小僧の寒太郎」を所望していますが、そこまでの道程は果てしなく・・・〓

できたらいつかは「恋に落ちて?フォーリンラブ」ぐらい行きたいですねぇ。僕が弾いて嫁ちゃんが歌う。良いかも
(^o^)

おとんと娘のバレンタインデー

あーちんは保育所の友達にあげるために
朝からクッキーを焼いていました
CIMG1294.jpg

ふむふむ
案外、美味。
早速、配りに回ったようです



そして




このバレンタインデー
実は前から計画していたことがあるんです



そう



僕が作りました
CIMG1297.jpg
生チョコ



ちょっと形は悪いんですが味は抜群でした
嫁ちゃんに教えてもらいながら
何とか作り上げた一品



あげたかったのは・・・




僕のおばあちゃんなんです
あーちんたちからすれば
ひいおばあちゃんですね



いつも大事にしてもらってばかりなんですが
この年齢になると
贈り物は非常に難しい
もはや欲しいものはすべて持っている世代
「もの」を贈ろうにも僕の持っているものや
買える程度の物では・・・

そこで
孫の「愛情」を贈ることにしました
一番安っぽいですが汗;



生チョコが大好きな
ハイカラおばあちゃんににっこり

じぃじのうでまくら ?言葉はいらない?

CIMG1173_20090209004221.jpg

お父さんの大戦略 ?堂々と遊んで「おとん株」急上昇作戦?

今、実はちょっとしたイベントを計画しています
ええ
一人で勝手に

父親三人ぐらい集めれば
その子どもたちを見れないかなぁと。
多分、僕一人で自分の子ども三人はもてあますけど




大人の数が一定数いれば
比較的、楽に行ける
しかも、子ども同士が集まれば
体力が大幅に削れる

誘致を予定している父親が三人

子どもが合計8人。


母親三人浮かせれば
女性オンリーで
カラオケぐらいできそうかなって。


その代わり
夜、子どものお風呂入れた後は
男たちだけの宴ってことで誘おうかと。

僕は飲めませんから
いつもどおり幹事ですが

大変ですが
達成すると
お父さんたちの株は急上昇したうえに
自分も堂々と遊びにいけます
しかも
子どもたちはつかれきってぐったりだろうから(甘いかな?
お母さんたちも夜、空白の時間が手に入ります


将来的には
子ども同士が慣れてくるだろうから
今度は父親二人で子ども八人ぐらい行けるとおもう







こうなると
お父さんチームからも
一人は空白の一日が作れてしまう。
これを
交代で繰り返せば
家庭の不満を一切出さずに
子どもから離れたフリーの時間が手に入る


やってみる価値はありそうです

一匹の犬がもたらした幸運?  ?職務質問?

「おとんぶわーさん。津に住んでいらっしゃいませんでしたか?」おまわりさん




「えっと、はい。以前、住んでいたことがありますけど・・・」




「今、こちらにすんでいらっしゃいますよね。○○○町ですか?」おまわりさん




「えっと、はい。そうです・・・」




(何でそんなことまで知ってるんだ・・・)




この後しばらく家族のことまで聞かれましたが
何故かとんでもないことまで知っていました
悪いことをした覚えなんか無いですが・・・




職務質問はしばらく続きました





「そうですか・・・おとんぶわーさん?」おまわりさん




「え、え、え、え、え・・・はい!」

続きを読む »

一匹の犬がもたらした幸運?  ?僕は何もしてません?

なんとか
交番にたどり着いた
おとんぶわー



やれやれ




すみませ?ん




「はい?どうしましたか?」おまわりさん(←とりあえず自分でアイコン作ったがかわいすぎるような・・・)




「実はこの犬が小学校に入り込んでいたらしくて・・・」




見つめるおまわりさん
(疑いのまなざし???不審者じゃないですよ




「あ、いや違うんですよ。ただ通りがかったらこの子達に呼び止められて・・・」




「ああ、いえ。結構ですよ。こちらに名前書いておいてもらえますか。飼い主の方見つかったらご連絡させていただきますので」おまわりさん





「ああ、はいはい」





見つめ続けるおまわりさん・・・
おもむろに
彼は口を開いた



「もう五時だから、子どもは帰りなさい。」おまわりさん




「は?い。おじさんありがとう」




「は?い。気をつけて帰ってね?
あ、それでは私もこれで・・・」




「おとんぶわーさんでしたよね。ちょっとよろしいですか?」おまわりさん





・・・



「あの、えっと・・・」
(つづく)

一匹の犬がもたらした幸運?  ?始まりのものがたり?

先日こんな事件に巻き込まれました



先輩と二人で出張に出かける途中
駐車場に車を止めて
てくてく歩いていました

小学校の前を通りがかると
犬を連れた
子どもに呼び止められました




何だろう???




「おじさん!
この犬どこの犬か知りませんか?」




(いや、知るわけ無いだろう・・・通りがかっただけだし)




「さぁ
おじさんは知らないなぁ」




「どうしたら良いですか?」





(どうって言われても・・・そして先輩を通り過ぎて僕に言わなくても汗;




ふとみると
こっちに手を振りながらにやにや立ち去る先輩
(ん?先輩?あ、逃げやがったなあの野郎





「ど、どうって
学校なんだから、先生に聞けば???」




「先生に言ったけど何もしてくれなかったから」




「ねぇおじさんどうしよう?」




「どうって、おじさんは仕事に・・・」




見つめる二人




・・・





・・・





「おじさんは仕事、さっき終わったから付き合うよ。交番へ行こう」





「あ、でもこいつ飛びかかってきたんだ。連れて行けるかな?」





「だ、だ、だ、大丈夫だ。おじさんが連れて行こう」




こうして
三人と一匹の珍道中は始まりました

(つづく)

空白の時間

今日は公園に来ております
ここ山崎運動公園はこの地域で最も大きな公園で
子どもがたくさんいることから
遊ばせるには最適

また、僕の住む町では
気温が低すぎて外で遊ぶのはちょっとつらい
雪は降りませんが年中突風が吹くので
恐ろしい速さで体温を奪われます
雪が降る地域よりもたちが悪いかもしれません汗;

あーちんはさすがにお姉ちゃんだけあって
危なっかしそうな遊具でガンガン遊んでいます

CIMG1217.jpg

遊具会社の人がTV言ってましたが
安全なだけの遊具は子どもの成長を促進しないそうです
恐怖感や危機感を擬似的に体験することで脳を刺激し
そのなかで子どもたちがルールの大切さを学ぶんだとか

まぁ

とは言え

親なら怖いに決まってるでしょうわーん
CIMG1243.jpg
もうがんがん行っちゃいます


お父さんの気も知らずに・・・





みーちゃんは滑り台にひたすら登ります
そして
いつも途中で怖くなってお父さんを呼びます
うん、うん
これぐらいのほうが安心かも?
CIMG1212.jpg




ふっ




どうせ時間の問題ですけどね







そのころ雄樹はこんなところに居ました






CIMG1236-2.jpg
前に乗っているのは疲れて座っているみーちゃん




そうなんです





今日は
嫁ちゃんの自由タイム
買い物はしなきゃいけないんですが
子どもと完全にはなれる時間を作ろうかと
ちょっとおとんぶわーがんばって
三人つれて公園に行ってきました

やるきねーな、おい

CIMG1154.jpg
息子の背中にやる気なさを感じた
転がりすぎてばてたらしい

花粉症について

本来、動物の体内には回虫、真田虫といった「虫」が存在します。人類は科学の力で徹底的に清潔にして、「虫」を駆除しました。

この虫に対抗するために人間の体には抗体というものが存在します。簡単に言うと体の中に虫と戦う兵隊さんが居る感じです。

ところが戦うべき相手がいなくなった兵隊さんは力を持て余します。そこで花粉やダニの死骸、といった関係ないものに八つ当たりをはじめます。これが花粉症の正体というわけです。

つまり、花粉症になる人は抵抗力が特に強い優れた体の持ち主でもあるわけです。

ただ、これでは治しようがないことぬなります。体が強いことが花粉症の原因ということは、弱くなれば良いのでしょうか。抵抗力を下げる薬を使えば確かに症状は緩和しますが、外部からの侵入センサーを停止させて病気に弱くなったのでは本末転倒ですよね。副作用の大きさと今の症状をよく考えて、必要かどうかを判断しないといけません。症状による支障が大きいなら薬を使うべきだし、我慢できるレベルならば先を考えて使用を控える。
使う以上はワンシーズン使い続ける生活になる覚悟がいります。薬を止めた時点で、過剰反応がさらに強化されるからです。今まで体が楽をしたぶんのつけを、利子つけてかえすことになります。


ただ
症状を軽くする方法はいくつかあります。一番てっとり早いのは加湿器を寝室におくこと。花粉をとばさなければ良いわけですから、かなり効果が高いでしょう。

もう一つは軽減策。月ごとに飛ぶ花粉も違いますが、自分が一番きついと思う時期前にあわせて運動をしっかりしておくこと。
体力が低下するとそれだけで、病気に備えて体の中の兵隊さんは臨戦体制に入ります。つまり悪化するわけです。当然、不規則な生活も体が弱りますからNGです。

腸が弱っても上と同じ理由で症状は悪化します。腸は体の中でも得に雑菌が多く主戦場になります。
ここでは全てを一掃してくれるキノコや海藻、繊維の多い食品、それにヨーグルトや梅干しと行った腸の調子を整える食品などによる援護射撃が効果的です。
また、逆に雑菌の多い肉類(得に豚)やサバなどの青身魚、生肉、生魚をシーズン中は避けることで雑菌の補給路をたつのも案外効果が高いです。


人の弱みにつけこんだ特効薬のようなもや高価な健康食品も出回りますが、病気とは違うので「治る」ものではありません。

大切なのは体内の雑菌を減らしておいて過剰反応させないこと。これだけでもかなり改善されます。

即席でピザ作ってみた

男の手料理チックに
冷蔵庫の残り物で作っちゃいましょう

魚肉ソーセージ、ツナ、コーン
チーズにケチャップとマヨネーズ
餃子の皮
あと、オリーブオイルとバジルでもあればすごいのできますな


子どもたちを呼んでお料理大会のはじまり?
CIMG1157.jpg
フライパンに油を引いてベースのケチャップをぬりぬり
あーちんもみーちゃんも真剣です
塗り広げる時のコツは
スプーンの重量だけに任せて
手は添えるだけ



子どもには無理かうーん


びりびりに破れてます

CIMG1159.jpg
それぞれ好みで具をのせると
なんだかソーセージが山盛りのような・・・
お前らバランス悪いぞ?汗;

CIMG1163.jpg
出来上がりの写真取るの忘れたので
慌ててパチリ


今回は餃子の皮使いましたが
結構ぱりっと感があっておいしいですよ?
春巻きサイズまでいくとすごいサイズのものができますな

まぁ
そんなもんなくても
パンでベース代用したり
ジャガイモなんかも輪切りで薄くすればベースになります

もっといけば
小麦粉水に溶かして塩入れておけば
クレープ生地みたいなやつ焼けますから
しっとりした生地ですが
それはそれでおいしい

ホットプレートなんかでやると
もっと子どもたち楽しめたかなぁ
まぁ
あーちんがあれから毎日
ピザを作れとうるさいところを見ると
大好評ではあったようですが

雲取温泉

和歌山県新宮市の市街地から約20分足らずで温泉があります

新宮市の近くには温泉が多数あり
一大観光地になっています。
ところが
この雲取温泉はあまり目立たない位置にあるからか
連休中でもほとんどお客さんが少ないんです
かといって
泉質が悪いと言うものではないんです
あまりに
他の温泉が目立つがゆえに目立たない
ある意味、穴場です。

iriguti
naka




雲取温泉には内湯と露天風呂があるんですが
露天風呂までの距離が
何故か異様に長いんです汗;





ヒノキっぽい空中回廊(周りは一切見えませんが・・・)を渡って行くと露天風呂に到着します




ohuro_pic3.jpg
こんな感じ。
さすがに中の写真は
撮れないので
ホームページからお借りしました
これは女湯の写真ですが
間違っても


僕が


撮ったのではないのであしからず


この向こうは川になっていて
さくごしに川が見えています
まぁ冬ですから寒くてしょうがないんですけど
みーちゃんは喜んでいました


ええ


彼女の身長では届きません


ええ


もちろん
僕も
一緒に
川を見させていただきました



あまりに寒いので露天風呂につかりましたが
2、3分で飽きて内湯に走っていくみーちゃん





空中回廊を走って
がたがた震えるおとんぶわー




やれやれ
ようやくついた





内湯につかること10秒





露天風呂に走り出すみーちゃん
追いかけるおとんぶわー





これを7、8回繰り返した時点で気が付きました






風邪ひくってこれ・・・





あまりに寒くなって温泉を出ました





ロビーでは湯上りでほてる嫁ちゃんとあーちん
雄樹はのんびり転がっていました




なぜ




僕だけが




洗い髪が芯まで冷えて?♪
(かぐや姫 神田川より)



温泉で凍えたのは初めての経験でした

 BLOG TOP 

プロフィール

おとんぶわー

Author:おとんぶわー
何かにつけて不器用なお父さん
おしゃれ大好きお母さん
元気盛りのあーちん
お姉ちゃんのものは何でも欲しいみーちゃん
じいじとばあばの6人家族
大勢居ると楽しいね

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

CalendArchive

フリーエリア

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

アクセスログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。