スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リサイクル?

リサイクルについて仕事仲間が話していたので今回はそんな話題。


リサイクルってかなり誤解の多い言葉なんです例えばリサイクルショップ。いらなくなったものを売って、欲しい方が買う。。

これ正確に言うと「リユース」って言うんです。意味は「再利用」

リサイクルと言うのは「再資源化」のこと。例えば、ペットボトルを科学的に分解して資源に戻し、フリースを作ったりすること。資源を加工して製品にしたものを、科学的に再資源化することを「リサイクル」って言うそうです。
??????
ちなみに国が進める3Rというのがあって

・リサイクル
・リユース
・リデュース

この三つめのリデュースはゴミを減らすこと。

ゴミを減らす、捨てずに再利用、捨てずに再資源化。

これらをあわせて3Rと言います。
??????
リサイクルって本当はすごく難しい。環境に配慮するならリサイクルしないほうが良い場合もあって、そんな簡単にいかないんです。
紙を再資源化するとその分、樹木はきらずにすみます。しかし、通常より余分に薬品を使います。


割り箸にいたっては、森林保全のために間伐した端材を使っているんですが、この利益が森林保全に使われます。割り箸の使用をやめるとなんと森林保全のための費用がなくなり森林の荒廃をひきおこすという不思議な現象がおこります。さらに海外製の割り箸を使うと・・・


エコタップのような
独立型スイッチで電源をOFFにするタイプのものは価格帯が500円から1500円ぐらいで手に入ります
でも
家電のコンセントから自然に消費される程度の電力消費を抑えたところで一年間に10円にもなりません。たとえ10年だとしても500円で買ったタップの元を取るのは50年後。とても耐久年数がそこまでいく賞品とは思えません。
経済効果なんかあるわけないんです。
環境のためといっても
タップに使われる資源はすべて環境を破壊しながら造られるもの。
つまり環境のためにもあんまり良くはないんです



そんなにエコって簡単じゃない。

コメント

そうやねんなぁ。
奥は深いよね。
とりあえず、ウチは電気のつけっぱなし禁止と、
エコバックで頑張るつもり。
まずは自分のお財布の中に影響するものからよね(笑)

★おかんさんへ
本当、そういうところからですよね。基本はゴミを出さない、使えるものは再利用。ただし可能な範囲で。さすがおかんさん、見事なエコだと思います!

エコって確かに難しいですよね。。。
本当は遥か昔の人、まぁ江戸時代くらいまで遡った生活をするのが一番のエコなんでしょうけど便利・快適さになれてしまった人間には到底無理な話ですよね(^_^;)
快適さを求めるかそれとも環境保全を求めるか…き、究極の選択ですっ!!
私はとりあえず水を出しっぱなしにしないとかエコバックを持つとか生ごみ出す時に水切りをしっかりするとかそんなことをちまちまっとやってるだけです。
近頃ハンドメイドに目覚めたのでこれからは大人用の衣服を子供用にリメイクするなんてことができたらなぁって思ってます!

★toteoさんへ
大人の服からこどもの服!リメイクですね。格好良いです♪
僕思うんですが、こども服を何か他のものにできないかなぁと。いや、服はどんどん友達に回すようにはしていますけど、何となく、この服はあの時に着てたなぁとか思い出したりするんです、よめちゃんが。おしゃれな小物に変身してくれたら良いなぁと。20年ほどまえ、ランドセルからミニチュアランドセルを作った方がいて、TVに出ていました。今ではメジャーになって、最初から付いているものもあるようですね。あんな感じでこども服があっと驚くものに変身できたら良いなぁと。エコには関係しないけど、ものを大切に思う気持ちはゴミを減らし、無駄遣いを減らす第一歩だと思ます。
是非、腕を磨いて、チビ太くんや姫ちゃんにtoteoさんの素敵な想いを伝えてあげてくださいね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://otonmoblog.blog120.fc2.com/tb.php/261-b0498125

 BLOG TOP 

プロフィール

おとんぶわー

Author:おとんぶわー
何かにつけて不器用なお父さん
おしゃれ大好きお母さん
元気盛りのあーちん
お姉ちゃんのものは何でも欲しいみーちゃん
じいじとばあばの6人家族
大勢居ると楽しいね

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

CalendArchive

フリーエリア

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

アクセスログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。