スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たばらしてナイト

もう半月も前の話になってしまいますが
お月見の行事にお出かけしました

この地方では
「たばらして(=とらせて)」といいながらお月見のお供えを頂く風習があります

CIMG2801.jpg


お月見の団子は
実は「盗むもの」だったんです
この風習の大切な部分は
小さな悪事を許す代わりに大きな悪事をさせないというところなんです

あれ駄目、これ駄目と禁止するのではなく
ある程度の悪さを認めて発散させる方法です
西洋でもハロウィンなどが同じ発想ですね

ところが

戦後の日本は西洋化・近代化を急ぐあまり
こういった大切な考え方まで捨ててしまいました

いつからなんでしょうね
日本人が日本人でなくなったのは。

何でもかんでも叱ってばかりの親
叱られてばかりで
本当に悪いことが何なのか
わからなくなった子ども達

小さなことを一つ一つぐちぐち叱るのではなく
もう少し大きくとらえて
悪さをする我が子さえも愛せる親でありたいな

それはもう昔話の世界なのかもしれない
でも
たしかに日本にあったんです




こんな田舎町ですが
日本の心をずっと伝え続ける行事があります


たばらしての声が小さな町明かりを彩る夜
たくさんの人、たくさんの車が興奮の波に乗ってうごめきます
危険な夜だからこそ、正しいルールを親として教えたい
危ないからと遠ざけるのではなく
危ないからこそ身をもって学ばせる夜
近所にいながら話すこともなかったおじいちゃんやおばあちゃんと触れ合う夜
手を引く親の手を振りほどいて仲間と駆け出す夜

子ども達の戦利品はお菓子の山だけじゃないんです
大人に許されて大騒ぎする夜、少しだけ大人になります
CIMG2805.jpg

コメント

あたしも怒ってばかりの親です・・・
こういう行事、いいですよね
すこしばかりの自由は与えてもいいんじゃないかと思いました
そう考えると、おじいちゃんやおばあちゃんと一緒にいる子供たちはキラキラしてますね
親のようにうるさく言われないからかな(笑)

★manaさんへ
僕も怒ってばかりです。
自由って難しい。自由にさせてるつもりでも良く考えるとすごく束縛していることがあります。それは子どもだけじゃなくて嫁ちゃんにもです。
親として以前に人としてまだまだ未熟な自分を感じますよ。

おじいちゃん、おばあちゃんがいると本当に家庭の教育力が違います。それは同居しているのですごく実感してます。大人の数が単純に倍になるんじゃなくて、行き過ぎた行動をした僕や嫁ちゃんを泊めてくれる存在でもありますからね。ぼくたちもまだまだ子どもなんだって思い知らされる毎日ですよv-410

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://otonmoblog.blog120.fc2.com/tb.php/283-84d7d9c2

 BLOG TOP 

プロフィール

おとんぶわー

Author:おとんぶわー
何かにつけて不器用なお父さん
おしゃれ大好きお母さん
元気盛りのあーちん
お姉ちゃんのものは何でも欲しいみーちゃん
じいじとばあばの6人家族
大勢居ると楽しいね

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

CalendArchive

フリーエリア

リンク

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

アクセスログ

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。